Word Pressの子テーマ使用時の注意_001/Google AdSens

ワードプレスで子テーマを使っている時の注意点_001

子テーマを使う目的とは、親テーマを直接カスタマイズとか追記すると、アップデート時に上書きされて、デフォルトに戻ってしまう事を回避する為だよね

しかし Google AdSens の認証コードを貼りつける位置は、<head>タグの直後と指定されている

テーマを自作している場合なら良いけど、誰かの作ったテーマを使う場合は、必ずしも子テーマで追記したモノが期待した場所に挿入されるとは限らない

オレの場合、yhiraさん が配布してくれている Simplicity2 を使用しているサイトで、アドセンスの認証時にこの問題に直面した

<head>タグの直後でなくてもイケそうな気がするが、指定の場所以外に貼りつけて、認証は通ったとしても、その後 Google 側で変更があり不具合が起こるリスクもあるので、やはり指定されている方法で運用したい

なのでとりあえず、子テーマ(Simplicity2 child)では無く、親テーマ(Simplicity2)の header.php に Google AdSens の認証コードを直接貼りつけた

当然、親テーマのアップデート後に再度、追記をする必要がある

この程度なら自力でカスタマイズして解決できる気もするので、ヒマな時にチャレンジしてみよう

とりあえず、忘れない為に書いたとさ

Simplicity: https://wp-simplicity.com/

コントロールZ/ショートカットキー

このサイトのタイトル

こんとろーるぜっと

ctrl + Z キーを同時に押す操作

Windowsのショートカットキーでいろんな場面で操作を一つ戻れる

つまり直前の操作を無かったことにしてくれる、いわゆる”アンドゥ”

ショートカットキーの中ではコピペ(Ctrl + C コピー ・ Ctrl + V ペースト)同様、よくお世話になるね

実際はアプリケーションの中で使える操作で、なんにでも効くわけじゃないけど、メモ帳なら一回、エクセルなら2010で100回まで戻せる

MacだとコマンドZ

ちなみにゴミ箱を空にした操作を取り消したりは出来ないから、そんな時にはいろいろいじくり回す前に復元ソフトが役に立つ(この件は別の機会に書こう)

そんな訳で、全て我流でやってる間違いだらけのオレにとって、なくてはならないコントロールゼットをブログタイトルにしたという訳

よろてぃくび

※環境
Windows7 Home Premium SP1 64bit
Office Home and Business 2010